転職前に考えておきたいこと

転職したい理由として、「他にやりたい仕事ある」「キャリアアップをした」「今よりも給与を多く貰いたい」など人によって様々な理由が存在します。しかし転職というのは労力と根気が必要となり時間もかかります。そのことを踏まえて今回は、転職考えている人に転職をした方がいいか、転職せずに今の職場に留まるかを転職する前に今一度考えてもらおうと思います。

今の仕事をもう一回冷静に考える

今の仕事の業務内容や自分が任されている仕事の一つひとつを今一度冷静になり考えていきましょう。今の仕事内容に不満はないか、周りの人と連携が取れているか、収入に問題はないか、今後自分がスキルアップしていけるか、自分がこの会社を辞めてしまったら仕事に支障が出ないかを考えていき、

本当に自分が転職した方がいいか否かを自問自答していきましょう。

転職して何がしたいのか

転職して何がしたいのかを今一度考えていきましょう。一つひとつよく考えていくと転職しなくても現在の職場で自分がやってみたい仕事が出来るかもしれませ。現在の職場でそれが本当に実現できないのか現在の職場と転職先との自分を長い目で見た仕事におけるビジョンを見据え、

本当に転職しないと自分がやりたい仕事が出来ないのか否かを細かく分析していきましょう。

転職前と転職後の収入差を把握しておく

転職前と転職後の収入差を細かく比較していきましょう。転職する先によっては、今までよりも収入が増える場合もありますが、やりたい仕事がある場合、収入よりも仕事内容を優先することと思います。その時、現在の収入と比べて、その仕事の収入で本当に生活していけるのか否かを基本給、残業代、ボーナス、通勤手当、その他の手当など給与に含まれる全てのものから細かく計算して現在の収入差を把握しておく必要があります。

転職してから生活していけないと気付かされる前にこのような対策をとっておきましょう。

まとめ

ここまで色々と話してきましたが転職を考えている人ごとの様々な理由が存在します。その中で転職というのは様々な労力や根気、時間が掛かります。その為、転職しなければ本当に自分が問題に掲げている転職したい理由を今一度冷静になって良く考えていきましょう。その中で転職しなくてもこれらの理由が解消される人は、転職せずに現在の会社に残った方が転職に対してエネルギーを使わなくて済みますし、転職しなければばらない人は、その理由が明確となっている為、転職活動にエネルギーを使うことが出来ます。