40代の転職

若い世代になればなるほど、転職する機会がありチャンスが大きくあると思われがちです。確かに、20代、30代の転職は、色々な企業があり幅が広がるように感じられます。その一方で、キャリアを重ねていくとどのようになっていくのでしょうか?仕事の選択肢が狭まりキャリアがなければまず転職は難しい。リスクもある。と思われがちです。 しかし、考え方によっては、40代からの転職でも有利になるかもしれない。 という可能性があります。それでは、どのような点で有利なのでしょうか。

40代が有利な理由

それでは、40代が転職に有利なのは何故でしょうか。いくつか理由があります。それでは、どのような理由があるのか、見ていきましょう。 (1) 専門的な知識が豊富である。 40代まで着実にキャリアを積んできたのであれば、おそらく携わってきた分野に関する知識は豊富になってきます。専門的な知識が豊富であると、若手にも知識を教えることが出来ますし、そして会社側にも新しいノウハウを伝えることが出来るのです。そのため、専門的な知識を持っていることは会社にとっては有益になるので、魅力的であるといえます。 (2) 成功体験をアピール出来る 若い人であれば、人間性をアピールして採用をしてもらおうとする動きになると思いますが、ある程度キャリアを積んできたのであれば成功体験をアピール材料として使うことが出来ます。成功体験をはじめとした実績アピールは会社に向けてとても大切なアピールとなります。これが出来るのもキャリアを積んだからこそ出来るものなのです。

工夫ある転職活動を

40代は、確かに実践的な面で見れば魅力的な人材ではあります。しかし、実績があるからといって採用されるかは別。戦略が大切なのです。 自分が転職した場合、会社にとってどのような利益を生むことが出来るのか?ということをはっきりと説明する必要が40代には求められてきます。ただ転職活動をするだけでは採用されないので、戦略も大切です。

応募する勇気を持とう

40代で転職活動で最も大切とされることが、応募する勇気を持つ。ということです。転職活動をする上では、会社に応募をしないと何も始まりません。リスクが全くないわけではありませんが、まずは応募することから始めましょう。転職出来る会社がきっとあるはずです。