ツイッターやSNSで更新するのが生きがい、これで生きていける?

アフィリエイトなどを使って広告のリンクを貼り、訪問者が商品を購入することで利益を得て生活することもできます。文章を書くことが好きなら、ウェブライターというものをおすすめします。即時にはじめることができ、収入を得ることができます。

ウェブライターという仕事

ライターといえば、雑誌などで文章を寄稿する、インタビューを行っているひとを指しましたが、今は、ウェブ媒体の文章量が多く、その分ライターの需要があります。

ウェブライターになるには

名乗ってしまえば、なれます。ただ、ウェブ上の文章で収入の過半数を得なくてはなりません。 どのように仕事を得るのかというと、クラウドソーシングという。不特定多数の人に業務を発注して、応募を募るサービスがあるので、まず、始めるのには便利です。 応募者は、プロフィールや実績を登録しておき、発注者である企業側が応募者を選んで発注、または制作物を投稿したのちに、企業側が選出して、報酬が支払われます。 このようにして案件ごとに、収入を得ます。 また、正社員としてウェブの制作会社にライターとして就職するという方法もあります。

収入

ウェブ上で応募されている案件は、一文字1円を割るものがほとんどで、 一文字0.5円、1記事1000文字で500円だとすると、 単純計算で月収20万円稼ごうとなると、40万文字、400記事分を執筆しなくてはなりません。30日稼働したとして、一日13記事以上書かなくてはなりません。 書き直しも発生しますし、仕事を受注しなくてはなりません。

収入をあげる方法

書くスピードと単価を上げる作業が必要になります。 書くスピードは経験で、多少上がります。単価に関しては、いい文章を書いて 発注者から指名がかかるようになることが必要になります。 指名がかかるようになったら、名前を公表して、実験系や体験系の体当たり取材で 顔出し等をして、人気を得ることで付加価値がつき、あの人でないと書けないと、あの人に頼むしかない、となると依頼が舞い込んできます。 自ら作品を発表して、その記事が面白いと思われれば、読者が課金していく「note」などのサービスもあるので、利用して価値を高めることも必要です。

ウェブライターが存在する理由

ウェブ上の文章になんの価値があるのでしょうか? 雑誌では、購入した値段から主な収入源になっていますが、 ウェブライターの場合、文章が載せられたホームページ上の広告を、ネットユーザーがクリックして購入することによって、アフィリエイトとしてサイト主に収入が入ります。